人気ブログランキング |

不器用な猪の新生活:ギター・古民家改修・猫・講師・実家往復

<   2017年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

瀧川一益

一益の出た滝川氏は、一説に紀氏族、又一説に伴姓で甲賀武士伴党の一族の末裔とする説がある。 
滝川氏系図には諸本あり、一益の父にしても一勝とするもの、資清とするものなどがある。
ただ、系図類を仔細に見ると貞勝・範勝などの人名、池田氏との親戚関係など共通する部分があり、 元になる系図
あるいは言い伝えがあったようだ。
伴氏は『伴大納言絵巻』で知られる伴大納言善男の後裔で、 三河伴氏の一族設楽六郎大夫資乗が甲賀郡大原郷へきて
大原氏の祖となった。大原氏からは滝氏、櫟野(らくや)氏、毛枚氏が分かれ、 櫟野氏の後裔に一益の祖父滝川美作守
貞勝
が出た。貞勝は櫟野に城を築き、その子滝川三郎一勝は新たに滝城に移り 滝川氏を名乗った。
川一益の父は滝川一勝または滝川資清。瀧川恒利(後、池田恒利)は近江甲賀郡滝川貞勝の三男(または次男)で、
瀧川恒利
の子・池田勝三郎と、滝川一勝(または滝川資清)の子川一益とは、従兄弟。

甲賀市甲賀町櫟野字五反田にある瀧川城跡の甲賀町教育委員会の説明書きには、

「本城跡は、川一益ガ居城したこと から、川城と呼ばれ、またこの地の名称から五反田城とも伝えられる。

瀧川一益は、甲賀大原荘に生まれ、 十六ォまで在住した後、織田信長の配下 に加わる。
石山本願寺攻め、伊勢長鶴 一揆鎮圧者として武勇をあげ、信長 四天王の一人に数えられる。
後には、 関東一円を支配する管領となるが、元亀 元年(1570)信長の近江守護六角 追討と六角支援の申賀武士を収める大将 に選ばれ、
故郷の親類、同明を双める こととなり、戦国時代の世の下刺上と 悲話を物語る城跡である。」と、ある。

信憑性の高い地元の甲賀町教育委員会の説明書きによると、川一益は16歳(天文10)まで川城に在城した後、織田信長の配下 に加わる。
とある。
尾張の武将池田勝三郎恒興の父恒利は近江甲賀郡滝川貞勝の三男(または次男)で、滝川恒利。初め、三好勢との抗争で波乱万丈の生涯を送った
12代将軍足利義晴に仕えたが、故あって享禄年間(1528年から1531年)に辞して、尾張国に閑居したと云う。尾張国内に頼みうる縁者がいたと推測される。

信長が元服したのは数え13歳、初陣は数え14歳の天文16年(1547)であるから、川一益はこの頃に、織田信長の配下 に加わったと考えられる。
親族の滝川恒利は




by tetumiworld | 2017-08-31 13:39 | Comments(0)

レスカミディアムコップ変更、第六巻読み解き講座、パソ作曲

水曜の朝を実家の2階和室で、7時過ぎに起床した。
暫く猫達と遊んでから、隣のカフェへ行き、先ず、薬服用。
新しく購入したレスカミディアムグラス350mlを並べる。また、
コーヒーゼリー容器を新しいものと取り替えた。容器収納小棚の
丈が足りなかったので、ゼリーグラスを収納出来るように小工作。
次に新家ベランダの東側面の網が張れてない部分に桟を取り付け、
網の隙間を埋めるための下準備工作をした。
次に、母と朝食を食べる。
その次に、次の日曜の首巻古写本読書会の資料のマス刷りをした。
13時半より岐阜中日文化センターで第六巻読み解き講座に参加。
吉田先生にきたる9月3日の首巻古写本読書会のテキストをお渡し。
1519の新快速で赤石朝露への帰途に就く。


by tetumiworld | 2017-08-30 16:10 | Comments(0)

火曜台姫と当たりハッピー

10時から11時迄エクササイズ。盆休みを挟み3週間御無沙汰の台姫
が来ていて、巡回練習で当たったのはハッピーであった。
帰路、みつみやまで出て、canDoでレスカミディアム用グラス3個購入。
キンコーズでカラーA2受け取り。三井で辛苦魔。珈琲豆を200g購入。
ヤマダ電機でレーベル印刷対応CD購入。
マイコンドへ引き返し、昼食と弁当作り。
自宅にあったレーベル印刷非対応CDに、片面粘着白紙を貼り合わせ、
ここへ印刷する目処がついた。そして、約20枚残っている印刷非対応
CDにレーベル印刷をする目処がついたので、これを区切りに、金鯱
城下のカフェへ旅立つ事にした。4時を過ぎてからの出発となった。
夜9時過ぎに名駅へ到着し、明日のJRジパング切符代約3.5枚辛苦摩尼。
9時半過ぎに自宅へ到着し、待ってくれていた猫達と再会を喜び、雄猫
の大好きなブラッシングを何度も何度もしてやった。
12時前に就寝した。


by tetumiworld | 2017-08-29 18:15 | 古民家居住性向上

池田勝三郎恒興小伝

信長公記 人物シリーズ(6-3)池田勝三郎恒興(池田輝政の父) 詳細版後編
勘十郎と生母の土田御前を病気見舞いに来させ、騙し討ちの実行者となったのは、予期せぬしくじりのため、側に控えていた勝三郎(21歳)が手を下す事になってしまった。計らずも生母の目の前で最愛の子息を刺殺するという、これ以上ない憎まれ役を負わされてしまったが、話はそれだけでは終わらなかった。
夫を殺された勘十郎の妻が実家の荒尾家へ帰るという時に、信長からその女を奪って来る様にと命令され、勝三郎は忠実に実行した。勝三郎が信長に復命すると、信長は、今度は勝三郎にその女(勘十郎の妻だった荒尾善次の娘)と夫婦になる様に促された。勝三郎は自分がとどめを刺した男の妻という事で、全然気が進まず、辞退したが、信長に、末森城の家臣団や勘十郎の妻の実家の荒尾家との融和を図るために是非共にと説得され、その様な役柄が有るならばと、21歳の勝三郎は、故勘十郎の妻を正室に迎えた(後に、善應院と呼ばれる)。実際に、妻が勘十郎との間にもうけていた幼児(後の信澄、後年、光秀の女婿になっていたため本能寺の変後の争乱で三男信孝に討たれた。)と程なく産まれた女子を慈しみ育てて融和の実をあげた。後年その女子は勝三郎の子として武将飯尾茂助に嫁ぐ。茂助は本能寺の変にて二条御所で討死し(信長公記では飯尾毛助となっている)、再嫁した村井長門守も早世したので、下妻法印頼龍に再再嫁しここに落ち着く。後年、頼龍との間に出来た長男は三千石で輝政に仕え、下妻より池田姓に復帰した。
勝三郎が娶った前勘十郎の妻(善應院)は、勝三郎との間にも4男5女の多くの子をもうけ、男児はそれぞれ武将に、女児は皆大名や有力武将の正室や側室になっていった。(後年の話だが、長男元助が勝三郎と共に長久手戦で戦死したために池田一族の嫡流は次男の輝政が継いで行くことになったが、輝政は家督を継ぐ前は、母方実家の荒尾家へ養子に入り、尾張知多の木田城 城主となっていたが、父と兄の同時戦死により急遽池田の家督を継ぐ事になり、池田姓に復帰したのである。)
池田勝三郎恒興は、信長公記に各種の合戦など重要場面で13度の多数回登場している。最初は、首巻の火起請の説話で出てくる。ここでは勝三郎が信長と乳兄弟である事の権勢に募り、罪を犯した家の子郎党の左介をかばおうとしたが、信長により成敗されたという記事で、後に大 大名となった池田家にとってはあまり好ましくない記事だが、こういう事もちゃんと記録として今日に伝えられている事が凄いと思います。
尚、勝三郎恒興は、天正12年(1584)4月、長久手の戦いで秀吉方として戦い戦死した。享年49歳。この時、森長可や長男元助も戦死している。(以上の経過は、「池田勝入斎信輝公小伝」として残されており、国立国会図書館デジタルコレクションとして、インターネット上で無償で公開され、誰でも読む事が出来る。信長公記では述べられていない事が、仕えた家臣の立場から詳細に記述されており、あの時代の出来事を補強する史料として興味深い。尚、勝三郎は桶狭間での武功により信長から「信輝」の名前を貰っているが、「信長公記」では総て勝三郎で通し、信輝の名は一度も出てこない。) 以上、急いで書いたので、事実誤認等あるかもしれない。遠慮なくコメント欄に御意見を下さい。
又、木田城については、2年前に水野先生の毎日文化センター講座の村木砦、緒川城現地巡りで、近くを通り、先生から輝政の事で解説もあったとの事ですが、残念ながら私は覚えていない。同行した矢野さんからの指摘で、只今、当時の資料を捜索中です。また、何か新しい事が出て来たら御報告します。
その後出張先から本宅へ戻り早速当時(2015.5〜6月)の水野講座の筆記メモを調べたところ、筆記メモに、村木攻めで信長軍は強風をついて熱田出航後、(推定)馬走瀬(まばせ)で上陸し、その日は木田城へ入り体制を整えた、とある。この時は分からなかったが、私は今、信長が何故無理にでも乳兄弟の勝三郎を荒尾善次の娘と結婚させたを衝撃を持って理解した。木田城の位置を見ると対今川等で戦略的に最重要の地である事が歴然。当時23歳の信長が既にこの事を理解し、将来を見据えていた。
そして更に衝撃を受けたのは、5年前に出版された水野先生の「信長公記で追う桶狭間への道」に、その事が詳細に記されていた事。同書64頁に「信長公記には登場しない、木田城」の見出しタイトルで、木田城当主荒尾小太郎空善(推定)が三方ヶ原の戦いで討死した為、後には池田輝政が養子となり城主として入ったと記載されている事。この時は、どうして「池田」が?と思って歯牙にも掛けず、記憶から消えていたが、今、私の中では全てが繋がり一本の糸となった。荒尾家にとって池田家は、娘の嫁ぎ先で非常に強い姻戚関係があった。荒尾家の当主に事故があった時、娘の嫁ぎ先から、部屋住みの次男輝政を養子に迎えて、荒尾家の存続を計るのは、全く極々自然な流れ。信長公記にも記載されていないこの事を先生が5年以上前には把握されていた事に大きな驚きを感じた。
そして更に驚きだったのは、2年前に水野先生がサラリと言われた木田城での戦隊再整列や宿泊の件を、私とほぼ同年の矢野さんが覚えていて、わざわざ私に指摘して頂いた事。その記憶力に脱帽した。
来週日曜の美濃源氏フォーラムとその後の首巻読書会で、お会いし、意見交換しましょう!尚、今回も信長公記専門家の吉田先生がボランティアで、「簗田弥次右衛門御忠節の事」について読み解きをして下さいます。奮ってご参加下さい(無料)。

by tetumiworld | 2017-08-28 10:02 | Comments(0)

CT結果、

9時〜11時、川原内科受診、CT検査結果を聞く。特には異常無し。
13時〜14時、住吉で定例教室。
帰路コーナンでドリル付きネジと猫餌を買う。
1610、歯科治療、上3番と4番、側面虫歯にプラスチックを詰める。
一度帰宅してから、再びキンコーズへA2コピーに出かける。
みつみや駅前のダイエー地下でグラス350mlを買う。

by tetumiworld | 2017-08-28 09:33 | 古民家居住性向上

日曜、4枚

7時過ぎに起きて、先ず、コーヒー厨房の待機用椅子の崩れを修理。
次に準備室の準備テーブル下の各種ストック棚のおくゆき補強を行う。
次に、新家ベランダ上部に縦桟を取り付けようと思ったが、ドリル付き
のネジの在庫が無くなっていたので、今日の工作は取り止めた。
17時坂和さんが車庫入れに来られた時、お土産の御返しを受け取って頂いた。

by tetumiworld | 2017-08-27 21:27 | Comments(0)

7時過ぎに起きて、先ず、コーヒー厨房の待機用椅子の崩れを修理。
次に準備室の各種ストック棚の補強を行う。

by tetumiworld | 2017-08-27 21:27 | Comments(0)

7時過ぎに起きて、先ず、コーヒー厨房の待機用椅子の崩れを修理。
次に準備室の各種ストック棚の補強を行う。

by tetumiworld | 2017-08-27 21:27 | Comments(0)

2匹の猫にノミダニ薬塗布

土曜、
9時半、隆夫さん野菜を持って来店、友人の山さんと一緒。
11時、美奈さん出勤。
11時45分、岐阜のコパンカルチャーセンターに向かう。
13時から14時まで受講し、名古屋へ引き返す。
栄の文化センターで、本日分資料を頂き、カフェへ引き返す。
私が留守している間に坂和さんが福島へ里帰りした際のお土産を持って来て下さった。
17時過ぎ、木村夫妻来店。
木村夫人に、猫達へのノミダニ薬・ブロードラインの塗布を
手伝って頂く。
二人の来室に、初めは警戒していたが、かんちゃんが私に馴れ
てくれていた事もあり、徐々に距離が近くなり、私がブラッシ
ングしている間に、木村さんが塗布してくれた。
7時から菊中で卓球練習。

by tetumiworld | 2017-08-26 21:09 | Comments(0)

明石藩主伝記清流話受講後、金鯱城下のカフェに向かう

7時過ぎ起床し、朝食。御飯1.5合炊く。薬服用。
午後講座「清流話」の復習予習をする。
又、古仮名崩字辞典を探し出す。
清流話の講師先生は、今迄で一番快調の講義で良かった。
9頁右の小笠原壹岐守(弟)のところから、11頁右の藤江の番小屋
のところまでかなり読み進んだ。
欠席した前回に新しいプリントNo21からNo40迄を配られたので
事務局へ行ってコピーして貰って、新規分を取得した。
15時に終了したので、みつみやからはなにわ線に乗り、なにわの
チケット屋で近と阪の株主優待券を1ヶ月分購入し、鶴1711急行
でカフェに向かった。
車中で、明日の野菜ぶどう販売について美濃加茂の従兄弟と連絡を
取り合った。2034名駅着。


by tetumiworld | 2017-08-25 17:20 | 古民家居住性向上



自分のやりたいことをするには、先ず仕事からと、57歳で事務員から教師に転職し、3年かけて軌道に乗せ、今度はギター弾き願望の実現に向けて取組み始めた。
あなたは〇〇人目の訪問者です。
お気に入りブログ
外部リンク
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2004年 02月
2002年 05月
2001年 12月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 03月
最新の記事
第3水曜信長記、作曲の日
at 2019-10-16 12:52
at 2019-10-15 21:57
at 2019-10-14 18:44
土曜台風休店、日曜低調
at 2019-10-12 22:50
金曜、電子辞書整理、名行き
at 2019-10-11 12:50
木曜、神行き、久世練習会
at 2019-10-10 12:08
水曜北名古屋卓球
at 2019-10-09 14:06
収穫があった。
at 2019-10-08 16:38
月曜、この日以前にコンクリー..
at 2019-10-07 21:19
日曜
at 2019-10-06 23:46
土曜
at 2019-10-05 22:55
金曜
at 2019-10-04 23:05
手続き後名行き
at 2019-10-03 14:43
第1水曜、信長講座へ復帰
at 2019-10-02 16:51
コーヒーメーカー台作成。弁護..
at 2019-10-01 21:53
増税前買物、テイクアウト設備..
at 2019-09-30 19:01
日曜
at 2019-09-29 23:57
土曜、携帯型製図機を引き取っ..
at 2019-09-28 12:33
金曜、ベッド周りの微調整工作。
at 2019-09-27 10:53
木曜、秋祭りの裏支えOK!に..
at 2019-09-26 18:01
カテゴリ
ブログパーツ
ブログジャンル
検索
記事ランキング
最新のコメント
タイトル変更!(書き間違..
by tetumiworld at 01:08
最新のトラックバック
その他のジャンル
画像一覧